2015年2月14日(土)


午前中は家の用事で自宅待機。

なんと釣友のS山さんが我が家に来てお仕事です!

(我が家はS山さんの勤めている会社にお世話になっているんですョ)


以前に芦田湖水光園で一緒に釣りをしたときに知らせてもらっていたので、

今度うちに来る点検の人はS山さんだということを予め解っていたんだけど、

ピンポーンと音がして玄関を開けると、そこには会社の制服を着たS山さんの姿が!(笑)

(すみません、本当に笑ってしまいました。釣り仲間が仕事で尋ねてくるという状況が面白くてw)


お仕事が終わってからは、水槽で飼っているマブちゃんに餌を与えるところを見てもらったり、

しばらくいつもの調子で釣り談義をしたりしてからお帰りになりました。





時計を見ると午前10時半頃。

いまから支度を整えて出発すれば昼の印旛新川に間に合うな〜。








ということで、やってきました印旛新川。




神埼川吐き出し護岸の左端が珍しく空いていたので釣り座とした。

竿は二十一尺。

ハリスオモリでの底釣り。

餌は毎度おなじみの「いもαさなぎ粉入り」。





この護岸の真ん中辺りには二名の釣り師。

そのうちの一人から「ピヨさ〜ん!」と声を掛けられ、

「あっ、どこかでお会いした人だな〜?」と思ったら、高須賀池でよくお話をさせてもらっている I さんでした。

釣友の方と並んで長竿を振っていました。

(I さんの竿、発売されたばかりのDaiwa 月光 二十一尺でしたよ)




さて、釣りの方はと言うと・・・・

後ろからの風が超強くて仕掛けをキャッチするのがもう大変!

水面ザワザワでウキは見づらいし、風は冷たくて寒いし、おまけにアタリはぜんぜん出ないし・・・・。




12時半のチャンスタイムに集中するものの反応なし。

まあ餌打ちを開始したのが12時15分前後だったから無理があったかも。




午後2時半過ぎ。

後ろからの風が寒くてイヤになったので、風の避けられるいつもの浅場へと移動することにした。

I さん達のところへ行って様子を尋ねてみると、

12時9分頃にお二人ともヒットしたけど、のされてハリス切れというのがあったそうな。

それってもしかして巨ベラだったのかも!?  う〜ん、惜しい!











いつもの浅場に小移動してきて午後3時より餌打ち再開。

こちらは体に風が当たってこないので、ちっとも寒さを感じずとっても快適。

竿は今回は十九尺を使ってみた。











今日は右へ左へと流れる方向が変わり、しかも流速もかなり強かった。






待てど暮らせど一向にアタリ無し。





夕方4時半過ぎに よっちさんが現れた。

しばらくお話をしたのちに神埼川吐き出しへと向かわれた。







4時半の印西市、5時の八千代市とそれぞれ町内放送のメロディが流れても

今日は何故だか全く魚が口を使ってくれない。





帰り支度を終えた I さん達が立ち寄ってくれた。

釣果を尋ねると、マブは釣れたそうだけどヘラは出なかったようだ。

お二人が見守る中、本日初のアタリが発生したものの空振り。








I さん達がお帰りになった後、自分も「今日はダメだぁー」ということで終了とした。






帰り際に吐き出しでナイターをやっている よっちさんとTさんの様子を見てみると、

お二人ともまだノーフィッシュとの事でした。





今日は魚さん、食欲なかったのかな?




でも聞いた話によると、吐き出しで午前中に46cmが出ていたそうな!

いつ、どこで釣れるか解らんねー。





本日の釣果

おでこニョ〜ン