2015年1月11日(日)


フィッシングライフさんと一緒に手賀川のマーちゃんポイントで竿を出してきた。

午前10時頃から釣れだす場所なので、早く行く必要は全くなかったんだけど、

6時20分の日の出前に到着。

ほぼ同時刻にフィッシングライフさんもハイブリッド車に乗って現れた。




水道橋から下流方向を見るとお日様が顔を出す寸前といった具合だった。







駐車場所からエッチラオッチラ歩いて釣り場に到着。

先ずはマーちゃんが開けた穴一ヶ所だけなので、藻刈鎌を使って二人分の釣り座を切り開いた。




逆井HCへ行っている銀チェロさんから釣り堀が混んでいるので手賀川へ向かうとの連絡が入ったので、

もう一人分の釣り座を切り開いた。








枯れた葦の刈り込み作業が思ったより時間がかかり餌打ち開始は8時を過ぎてから。




銀チェロさんはいきなり様子見モードで、しばらくしたら別の釣り場へ向かうとの事で移動していった。

あとで電話したら結局どこも竿を出さずにデジタル魚群とな!?(笑) 

風の弱い釣り日和だったのになんて勿体ない・・・。 翌日はまた強風の予報ですぞ〜。









先ずは十五尺ハリスオモリの底釣りで餌打ち開始。

餌はいつもと同じく「いもα」。

なるべく餌を打ち返さないで長時間待つ狙い方にしている。




アタリはちっとも出ないけど、手賀川ってこの広々とした景色と、

葦の生えた岸辺から竿を出すところが好きで気分がいい。

(なんかいつも言ってますけど・・・w)






自分の少ない経験では10時頃に午前中の地合いが訪れると思っていたんだけど、

ノーピクのまま時間が過ぎていった。





11時頃に十九尺にチェンジ。








そして11時48分に33cmの半ベラがヒット。






お昼を過ぎた頃に南からの風が吹き出して次第に強まっていった。

左斜め前から吹いてくるので長竿での仕掛けの投入が厳しくなってきた。




12時半に一旦おしまいにして、フィッシングライフさんはお帰りに。








午後からどこで竿を出そうか迷ったが、新木水路で試しにやってみることにした。



竿は昨日の釣りの帰りに立ち寄った上州屋で購入したSHIMANO「煉」十尺。

水深は1.1m。

餌は「いもα」。

今日は「いもグル」と「α21」の2種類しか持参していなかった。











あれほど人気のあった新木水路のT字路付近だが、今日は自分の他は一人しか居なかった。


やはり網を入れて魚をごっそり持ち去ってしまった人が居たという噂は本当で、

釣れない水路になってしまったんだろうか?






水門近くの深場で竿を出しているにもかかわらず、いつまで経ってもウキは動かないまま。









たまらずに手賀川本流へと戻ってきた。

浅間橋上流南岸で再び十九尺ハリスオモリの底釣り。











背後からの南風なので水面はおだやか。







午後4時を過ぎて一日のうちで最もウキが動く時間になったが、全然アタリなし。





4時半頃に2回ほど食い上げアタリがあったが、今回もまたアワセることができず。

どうも食い上げって、待っていればそのうちカチッと落とすんじゃないかと見送ってしまうんだよなー。




むむ!? 

そう言えば今年になってからまだヘラブナの顔を見ていないじゃないか!(笑)





本日の釣果

マブナ x 1