2015年1月10日(土)


ノーピク地獄に懲りずに印旛新川へ再び。

午前中、印旛新川の本流は全く期待できないので、マブでもコイでもいいからウキの動きそうな

桑納川でやってみることにした。




北岸に釣り座を構えると背後の土手に北風が遮られてとても快適だった。


朝7時15分、「風刃」十五尺を用いてハリスオモリの底釣りにて餌打ち開始。

餌は「いもα」。

水深は70cmほど。






銀チェロさんより、こちらへ向かうとのメールが入った。






全く生命反応が感じられず、これは失敗したかー!?って思っていた8時10分、

いきなりの食い上げアタリが発生したものの、ぼんやりしていてアワセを忘れてしまった。







8時半、なにかコイっぽい大物がヒットしたものの、途中でフックオフ。















9時35分、やっぱりウキを動かしていた正体は鯉ちゃんでした。

サイズは54cm。

あちこち走り回って良い引きを味あわせてもらいました。











銀チェロさんが到着したものの、横風が吹き出してしまい、

逆光だったので水面ざわざわギラギラになってウキが視認できなくなったので移動することにした。













先日、マーちゃんが竿を出した道の駅対岸にやってきた。


「嵐馬」二十一尺ハリスオモリの底釣りにて釣り再開。

風裏だったのでこりゃーイイと並んで竿を出したが、ほどなくして左方向からの強風となった。




銀チェロさんの竿が弧を描いたので巨ベラヒットかと期待したが、正体は鯉ちゃんでした。






横風に我慢ならなくなったので更に移動。









神埼川合流点上流北岸の浅場ポイントにやってきた。

再び二十一尺にて釣り再開。

水深は70cmほど。


銀チェロさんは十五尺。

あまりの浅さにびっくらこいていた(笑)








しばらく続けてみたものの、アタリまったく無しで先週同様にノーピク地獄の荒行といった感じ。





午後2時半に銀チェロさんは先にお帰りに。

左の方で竿を出していたというおっちゃんが声をかけてきて、

そのまま1時間ほど話し込む。

話の内容からすると松戸か市川の方に住まわれているらしく、

江戸川周辺の釣り場にとても詳しい方だった。



おっちゃんの見ている前でかっこよく40上を釣り上げたかったが、

ウキが動かないどころか、大和田機場方向への流れが妙に強まってきてしまい、

特大ハリスオモリにしても流されてしまって参った。



4時のチャイムが鳴って、おっちゃんは帰っていった。

ドボンにチェンジしてさらにがんばってみると、

4時27分にいきなりカチッっとウキが入った。

しかしアワセがワンテンポ遅れてしまい空振り。



4時50分、最後の餌となり、アタリに集中しているとラストチャンスとばかりにウキがムズッと入った。




が、




空振りにて終了(笑)





相変わらず厳しい釣り場だこと・・・・。






本日の釣果

コイ x 1