2015年12月20日(日)


手賀沼のボート釣りでのオダ場狙いに再挑戦してきました。

今回は、福島さん、未来さん、せきろーさん、えいちゃん、銀チェロさん、ジビさんと自分の合計7名。

天気予報では午前中は風速1m、午後は2mと風が弱くて絶好のボート釣り日和です♪





眩しい朝日を受けながらモーターボートに引っ張られてオダ場へと向かいます。











今回は曳き船の到着場所近辺ではなく、一本オールで漕ぎ漕ぎ進んでオダ場の東端の方までやってきました。












北よりの風の予報なので南向きに竿を出します。



餌打ち開始は午前8時頃。



竿は 煉 十三尺。

ある程度水深のある釣り場で大型を狙うときにはこの煉が頼りになる。



道糸2号、ハリス0.8号 45-50cm。

餌がゆっくりと着底するようにして宙に居るヘラにもアピールできるようにハリスはちょっと長めにした。



針は上下共にアスカ8号。

素早く沈んでしまわない軽さと大型がヒットした時の事を想定して強度を考えたらアスカとなった。



餌は「新べらグルテン」単品。

流れのほとんど無い釣り場ではグルテン量の多い「新べらグルテン底」よりもこちらの方が

より柔らかくふかふかしていて食い渋りのヘラにも食わせやすいと思って選択した。



バランスの底釣りで餌打ち開始。



水深は2.7mほどなんだけど、あちこち投入点を変えて探れるようにやや長めの十三尺を選択しました。








右斜め前方には福島さん御夫妻が入った。





釣り開始から30分経過。

レンコには悩まされるものの誰一人としてフナ類を釣り上げていない。

あれほどウキを動かしていたタモロコやマブたちは何処へ行ってしまったんだろうか?






釣り開始後40分くらいしたらサワリが出始めた。

一目盛りジワッと持ち上がって半目盛りチクっと入るアタリが数回発生したものの空振り続き。








8時48分、ようやくフッキングしたのは35cmのヘラでした♪





その後はウロコを釣ってしまったり、レンコにハリスを切られたり。









1枚目から1時間経過した後に31cmのヘラ君が釣れた。





オダ釣り挑戦5回目にしてやっと複数枚の釣果となった。

このまま粘り続けてもっといっぱい釣っちゃおうと思ったが、次第にウキが動かなくなっていった。








ジビさんは移動をしながらあちこち試してみているようだった。












福島さんも近くに移動してきた。

奥さんの移動が気になるようでやさしく見守っている様子。

ご夫婦でヘラ釣りができて羨ましいですなぁ〜!



うちのかみさんも釣りに興味があれば・・・・。

ちなみにこの日、かみさんはまた神宮球場にあるヤクルトグッズショップに行っていました。

目的はもちろん つば九郎 に逢いにw

つば九郎、サンタさんの格好してファンサービスしていたそうな。

(本音を言うと自分も逢いに行きたかったんだが・・・・w)




お昼頃に福島さんは未来さんの体の具合がよろしくないとの事でお二人一緒に早上がりです。

波に揺られながらのボート釣りは体調が万全ではないときにはキツイものがあるので、

早めに切り上げて正解ですね。 お大事に。






せきろーさんとえいちゃん御兄弟は仲良く舟を並べて釣っていました。



レンズを望遠ズームに交換しての撮影です。

あまりにもウキが動かなくてヒマなので写真撮って遊んでいました。








コブハクチョウが飛んできたので撮影してみたり。



ヤバイです。 全然アタリが出なくなっちゃいましたw




少しでも魚を寄せようと餌を「ペレ底」にチェンジしてみましたが、

ウキにはまったくサワリすら表れません・・・・(泣)




3時半頃まで粘ってみましたが結局午後からは完全ノーピクとなってしまいました。

朝のうちは魚たちの活性が低く、水温が暖まる昼近くから食いだすのなら解りますが

10時以降、ウキが完全に沈黙してしまったのは何故なのか不思議です。

これも日並ってやつでしょうか?



そんな中、一人だけ40cmという良型を釣り上げた銀チェロさんは流石でした。

やや硬めのグルテンでひたすら待ち続ける釣りというのが良かったのかもしれません。



次回のボートでのオダ場狙いはいつになるかな〜?

あまりの釣れなさに今回ダメージ食らってしまったので暫くはやめておこうかな。



そろそろ手賀川の浅間橋下流北岸が気になってきたし、六軒川も試したいし、

よっちさん情報では新川で大型が出始めたようだし、ひとつずつ試して行こうとするかなー。

もちろん管釣りにも行きますよ〜♪





本日の釣果

ヘラブナ x 2