2015年12月13日(日)


今日はまた管釣りです。

出かけた先は真嶋園の隣にある つりぼり八十八。

ご一緒したのは、せきろーさん、えいちゃん、銀チェロさん、ジビさん、S山さん。

S山さんはお仕事の都合で半日の11時からの合流でした。




北側の西寄りにみんなで並んだ。





今日の作戦は?

先ずは浅ダナウドンセットでバシバシ数釣り上げて〜

昼頃から長竿両グル底釣りで新べらをビシビシ釣っちゃおうぜー♪

という目論み。



先ずは、かちどき TANKAN GAME No.10 Soft でメーター位のウドンセットでスタート。

バラケはSET GUN のパワー系ブレンド。

食わせは毎度お馴染みの感嘆Uとろスイミーさなぎ粉のバラケ同色ブレンド。

この食わせ餌はウドン絞り台から指先に取る時にうっかりバラケの入ったエサボウルに落下させてしまうと、

えっ? ドコ? ドコ? って行方不明になってしまうのだったw






竿掛と玉の柄と万力を新調しました♪

初めての竹製です。

一本半の竿掛と玉の柄、セットで7,500円とお買い得なタックルベリーの中古品です。

中古と言っても傷ひとつ付いていないピカピカで、デザインも欲しかった物そのものなので気に入っています。

万力も同店で5,800円で購入。

なぜか中古ではなく同じ商品の新品が何個も売っていました。




それにしてもこの和風の竿掛にTANKAN GAME の組み合わせは、なんだかな〜って気もしますがw







玉の柄もイイ感じです♪

両方とも竿袋に、「草月作 口巻」と書かれていましたが、

和竿師の名前はサッパリ?なので全然わかりません。

管釣り用としてこれからずっと大事に使い続けようと思います。













スレばかりだったので一枚目を釣り上げたのは開始から1時間後となってしまった。









九寸ほどの小ぶりなヘラばかりでしたが型が小さくても釣れれば楽しいです。




雨降りだったので傘を差してやっていたんだけど、TANKAN GAME Soft では柔らかすぎて

傘が邪魔で取り込むのに一苦労。

なので途中から 古今 八尺にチェンジ。

古今は軽いのにパワーのある竿なのでグイグイと引き寄せることが出来てイイ感じです。

こうなると十尺も軽くてパワーのある例の銀色をした「勝負竿」とかいうヤツが欲しくなりますねw

見せてもらおうか! シマノ軍の新しい勝負竿の性能とやらを・・・w





しかし今日は食いが渋いみたい。

ウドンセットは浅ダナから深いタナまで、抜きセット、縦誘いと色々やってみたけど、

イマイチ反応がよろしくなく釣果が伸びなかった。

いちばん良さそうだったのはバラケ切ってからも暫く待ち続けてから出るアタリを捉えるパターンでした。



昼食前に何枚釣れたかチェックしてみると13枚だった。

ここが八十八とは思えないほどの不調ぶりです。







昼食。  カツ丼。  八百円也。  美味だけどちょっと塩っ気強すぎだったか?











国道沿いにあるつりぼり八十八。(やそはち)

小学生か中学生の頃に父親と二人で食堂に入ったことが一度あった。

つりぼりの方で5〜6人竿を振っていたのを眺めながら食事をした記憶がある。

親父に「ここで釣りしてみるか?」と冗談半分で言われたのに対して、

「ええ〜、こんなとこで釣るのなんてイヤだよー!」と答えた覚えがw




それが今ではどうだ!?(笑)




赤虫餌での小鮒の探り釣りが大好きだった親父によく一緒についていって

あちこちの水路で振り出しのグラスロッドを使って釣りまくっていた頃の出来事だった。

そのときの親父の愛車はDR30 スカイラインのL型6気筒2000ccTURBOでした。

当時の親父と同じ年齢になった今の自分がスカイラインのTURBO車に乗っているのには

自分が就職した年に亡くなった親父も今頃天国で苦笑いしていることだろうなw





釣りながら銀チェロさんと話したんだけど、ここって自分らの子供の頃から全く変わっていなくて、

昭和テイストが濃厚に漂うレトロな釣り堀兼ドライブインなんですよ♪










なんとなくお仲間を撮ってみた。

ジビさん、向こう側はS山さん。

お二人共にサングラス着用じゃないですか!











あれ?  銀チェロさんもせきろーさんもサングラス?

サングラスかけていないのは自分だけか?w (えいちゃんは?)











昼食後は竿を 閃光R 十七尺にチェンジして両グルの底釣りを開始。

沖目の池の中央付近には新べら君達が居ました。

ちなみに餌は「新べらグルテン」。 そのまんまって感じ?w





しかし長竿両グル底というやり方はそれほど好調ではなく、ポツリ ポツリ と釣れる程度。

これは自分の技量が足りていないから釣れないのかも。

対岸で竿を出している熟達していそうな年配の方々は長竿で頻繁に魚をヒットさせています。

この時期、八十八をどう攻略すればいいのかを知り尽くしているかのような腕前の常連さんでしょうか?

未熟者の自分はまだまだ攻略できていません。




午後3時頃だったか銀チェロさんとせきろーさん、えいちゃんが先にお帰りに。

例会を終えて帰る人たちの会話の中からせきろーさんがキャッチした情報によると、

いちばん沢山釣れたひとは40枚だったそうな!

激渋かと思っていたらそうでもなかったみたい・・・(汗)









午後4時の終了間際に釣れた「あがりべら」。






箱型の小さな池だけど、ジャミも居るけど、浅すぎてチョーチンやれないけど、

八十八ってなんか居心地がいいので気に入っています。






本日の釣果

ヘラブナ x 24

モツゴ x 1

タモロコ x 2