2015年12月12日(土)


印旛新川の浅場を攻めてきました。

本当だったら今日は会社の同僚と一緒に神扇池に行く予定だったんだけど・・・・



以前に2回、神扇池で一緒に釣りをしたことのある同僚のFさん。

一ヶ月程前、日にちを言ってきたのはFさんだった。



しかーし!   Fさん今回もドタキャン〜〜〜!(笑)



もー誘わねーぞっコラ!w











というわけで一人で印旛新川にやってきました。


神埼川吐き出しコンクリ護岸の真ん中辺りで二十四尺を振ろうとやってきたら、

いつもは北西風で背後からの風向きなのに、今日は北東風で真横からの強風。

水面は波立ち、とても長竿が振れるような状況ではなかったので場所移動。

(とは言ってもコンクリ護岸の両端には釣り人が入っていましたが!?)



神埼川合流点やや神尾橋寄りの例の浅場でやってみることにした。

二十一尺で水深80cmというウキが超遠くなってしまうポイントです。


朝7時半頃、嵐馬 二十一尺にて餌打ち開始。

バランスの底釣り・・・といきたかったんだけど流れがあるのでハリスオモリ装着。

餌は上針に「ペレ底」+「だんごの底釣り冬」半々ブレンド。

下針に「いもグル」+「野釣りグルテン」半々ブレンドの重いコンビ。











約1時間後にウキが動き始めて35cmのマブ君が釣れた。









それにしてもこのポイント、朝日で水面がギンギラギンの銀チョロさんでウキが見えません!w

こうなると双眼鏡使っても目にダメージ食らうだけでどーにもなりません。

しかたなく眩しくない辺りめがけて斜め打ちするんですが、

そのうち左からの北東風が容赦なく強まりだしてしまい、とても長竿が振れない状況に。




巨ベラが狙えるポイントだけど仕方なく移動です。








午前10時20分、数百メートル上流側に移動してきました。

カーブ地点の人気の深場には何人もの自分と同じ「巨ベラ釣りたい病患者」が居ましたが、

試しに実績のあまり耳にすることのないもっと神尾橋寄りに釣り座を構えてみました。

風は後ろからになるので寒くない上に仕掛けの振り込みも楽チンです!











早速マブ君のお出ましです。











そこそこ大きいマブ君も頻繁に釣れてきます。











鯉ちゃんもヒット。











ん!? これは放流されたばかりの新ベラか?

いやいや半ベラですねぇ〜。











まあまあサイズのマブは良く釣れるんだけどねぇ・・・。






午後4時頃になると強かった風が止んで水面が穏やかになってきた。

ああ、この状態で朝やっていた浅場で竿が出せていたらチャンスなんだけど。

速攻で撤収して元の場所へ戻ろうかと一瞬思ったけど、

釣り台をセットしたりタナを測りなおしたりしているうちに時間切れになりそうだったのでやめておいた。








夕方までマブ君ばかり。

今日もまたリゾ・ラバのマブバージョンが聞こえてきましたw











陽が落ちて寒くなってきた。

以前はスコープ使ってウキが見えなくなる暗さまで粘ったりしたもんだな。

今はもうそこまでの気力は無いので片付けし易い明るさのうちに撤収です。












最後にあがりマブで終了。




まあ前回の印旛新川釣行では何も釣れずのおでこニョ〜ンだったので

今回はマブばかりだったけどまあ良しとするか。

次回、また長竿浅場狙いにチャレンジしますよ。






本日の釣果

マブナ x 15

コイ x 1

タモロコ x 1