2015年11月15日(日)


午後から親戚の集まりがあり午前中しか釣りが出来ない日だった。

天気予報を見ると午前中雨降りで午後から晴れとなっ!(泣)

ヤル気を無くさせるような雨降りだったけど、一緒に竿を出そうと決めていた仲間の待つ釣り場へと向かった。



印旛新川の逆水橋に到着すると、せきろーさん、えいちゃんが竿を出していた。

さすがにこの雨の中で釣りに来ていた人は橋の方にいた数名のバサーを除いては我々だけだったw







朝7時56分、せきろーさんの右側に釣り座を構えて餌打ち開始。













翼 十五尺にて両ダンゴのバランスの底釣り。


どうせヘラは釣れないだろうから比較的短くて軽い楽な竿でマブをたくさん釣って楽しむつもりだ。

餌は「ペレ底」+「だんごの底釣り冬」の半々ブレンド。







ところがこの場所、思ったほど魚影が濃くないようで、たま〜にアタリが出る程度だった。











餌打ちを開始して38分後に27cmのマブ君が初ヒット。










さらに30分経ってようやく2匹目のマブ君。 サイズはおんなじ。





まあでも柔らか目の翼はよく曲がり、まあまあ引き味は楽しめた。

せきろーさん、えいちゃんも時々マブで竿を絞らせているが、サイズは小さめ。








次に釣れたのは玉網要らずで糸を持って引き上げられるサイズ。












なんかちっちゃいのも釣れちゃったし・・・・・(泣)









数週間前にこの場所で せきろーさんが釣り上げた38cmのヘラブナは二十一尺だったらしい。

じゃあその二十一尺で本命狙ってみるかと 翼 二十一尺にチェンジ。

この時点で時刻は9時半を過ぎていた。







二十一尺にするとアタリが乏しくなってしまった。

まあそれでも本命に出会える確立が上がっているとしたら辛抱して回遊してくるのを待つしかないな。










10時37分、やっとこさ小マブちゃんがヒット。


う〜む、これでは長竿に変えた意味がな〜い!w



えいちゃんは用事があるらしく一足先にお帰りに。












11時21分、長竿での2匹目。

こんなに間が空くほど釣れないんですよ(汗)



この間隔でも釣れてくるのが全部ヘラだったとしたらOKなんだけど、マブですからねぇ・・・・。




あまりにも釣れないので予定撤収時刻の12時を待たずに片付け開始。

せきろーさんも既に撤収作業を開始していた。




そこにフィッシングライフさんが登場。

少し話しをした後、八千代橋脇の農業交流センター前ポイントへと向かわれた。




雨が完全に止み、回復してきた天気を恨めしく思いながら泣く泣く自宅へと車を走らせたのであったw









で、




あとからフィッシングライフさんの釣果がどうだったかブログを拝見してみると・・・・・




ちゃ〜んと農業交流センター前で良型ヘラを釣り上げていたじゃないですか!(笑)





次に印旛新川で竿を出す場所は決まったなー。

底釣りで本命ヘラブナを効果的に狙う方法も思いついたので次回実行してみるつもりです♪





本日の釣果

マブナ x 6