2015年10月25日(日)


高滝湖へ行こうと思っていたけど市原市高滝の天気予報をチェックしてみると

風速5mという北西風の予報が出ていたので行くのはやめにして、印旛新川へ行ってみることにした。


先週、銀チェロさんが逆水橋で大物に竿を伸されてハリスぷっつん!というのがあったそうなので、

それがクォイではなく大型のヘラだと期待して、そのポイントを狙ってみることに。





朝6時半頃に到着するとフィッシングライフさんと銀チェロさんが釣り座を構えて道具の準備中だった。

写真を撮ろうとすると銀チェロさんはカメラに向かってお決まりのポーズw



しかし上の画像では何なのか解りませんねー。












というわけで、うりゃーーー拡大!

いつものVサイン(笑)





フィッシングライフさんは十八尺でバランスの底釣り。

銀チェロさんは十九尺でドボンの底釣り。



で、自分はと言うと、

最近中ちゃんがここ印旛新川で一本ほどの浅ダナ狙いで本命ヘラブナを数枚釣っていたので

マブは釣れなくてもいいからヘラを釣るんだっ!! という気合で、

朝7時頃、風刃 十五尺を用いて浅ダナ両マッシュにて釣り開始。





しかし・・・・・





う〜ん、釣れないねぇ〜。





釣れないどころかサワリすらない(泣)






右の方ではフィッシングライフさんが頻繁に竿を絞らせています。

小マブに混じって尺クラスのマブも釣り上げていたり。

すぐ隣の銀チェロさんも時々マブを釣り上げていましたが、フィッシングライフさんほどは釣れていない様子。

アタリを捉え易いバランスの底釣り VS 細かいアタリが判りにくいドボンの底釣りの勝負は前者に分があるみたい。





あまりにも生命反応が無いので竿を閃光X 十九尺にチェンジ。

時刻は既に10時を過ぎております(汗)

なのにウキにはジャミあたりすら表れない・・・・。




そんな苦痛の時を過ごしていた頃、ぶらりとマーちゃんが現れて様子見。

しばらく話をした後、強烈な北西風だったので風裏となる神埼川吐き出しへと向かっていった。







10時半頃、ウキが馴染んでいく途中でシュッっと加速した!?





あっ!






ムヒューーーーアワセられず。

ぜったいヘラだと思ったのに竿を握っていた手が反応しなかった(泣)






その次の餌投入でチクッっとウキが入ったが空振り。






その後はまたノーピク地獄突入。

通りすがりのヘラさんは警戒したのか何処かへ行ってしまった模様。






午前11時になり、我慢の限界っていうか心が折れて底釣りをやってマブを釣ることに。

餌は余ったのを持ち帰っては冷凍庫に放り込んでいたものを約1年分全部まとめて解凍し、

無茶苦茶に混ぜ込んだ 「超ブレンドダンゴ餌」 を使用w



エサボウルたっぷり一杯分にもなったそれらの内訳は・・・・

わたグル、α21、いもグル、新べらグルテン底、新べらグルテン、だんごの底釣り冬、真底、藻べら、

粉末マッシュ1:1、粉末マッシュ至高の時、S-DESIGN YELLOW、ガッテン・・・・うーむ、まだ他にあるかも?

あれこれ混ぜ込んで微妙に緑色っぽくなったその餌は底釣り用として使えるだろうと持参して来ていた。



余った餌を冷凍保存した経験のある人なら解ると思うが、解凍するとビチャビチャになる。

いつもはキッチンペーパーで包んで解凍して丁度良くなるんだけど、

今回は相当な量だったので、その水分過多な状態で半分を再び冷凍保存して、

残りをビチャビチャなまま持ってきてマッシュでシメて使うことにした。








三回のスレ掛かりののち、11時16分にようやく24cmほどのマブ君が釣れてオデコ脱出。







お昼前にフィッシングライフさんはお帰りに。

銀チェロさんもマーちゃんの居る神埼川吐き出し方面へ様子見に。




やがて12時になり、風の強さに竿が振れなくなってきたので自分も風の避けられる場所を求めて移動開始。








神埼川吐き出しコンクリ護岸に行ってみると排水溝の中に身を潜めるようにしてマーちゃんが竿を出していた。

傍でマーちゃんの釣りを見守る銀チェロさんと共に自分も様子見モード。

八尺で岸よりの水深1mもない浅場を粘力入りマッシュで狙って小マブを頻繁に釣り上げていました。

(この画像はマーちゃんが撤収作業をしていた時のものです)




まだ時期的に早いのは解っていながらも、この場所で長竿を振ってみたくなり左隣に釣り座を構えた。

竿は先程同様に閃光X 十九尺。

数年前にちょうどこの場所で50cmほどのクォイがヒットして伸されそうになったのを無理やり持ち上げようとして

この竿をポッキリやらかしたので、ハリスは0.8号を使用。(ちなみに折れた時はハリス1.2号)

ハリスオモリの底釣りで餌は「超ブレンドダンゴ餌」。





まだマーちゃん達がここに居た時はそれほど風が強くなかったんだけど、

自分が釣りを始めると何故だか風向きが変わり、左方向からビュービューになってきてしまった。





なんとか小マブを2匹釣り上げたところで竿が振れないほどの強風となってこの場所を断念。




神埼川河口に架かる橋をを渡って上流側のカーブ地点に行ってみたら風が避けられるようで水面は穏やか。

しかし皆同じこと考えてここにやってきたようで、釣り人多数で竿を出す場所が少ない。







というわけで冬場に長竿で狙い続けた神埼川吐き出しに近い浅場でやってみることに。


同じく十九尺で餌も先程同様。










25cmほどのマブ君ヒット。












同じようなサイズのマブ君再び。











クォイ様もヒット。








午後3時半。

なんかこれ以上粘ってみてもヘラには出会えないような気がしてきたので終了とすることに。



この時期の印旛新川の比較的深い場所でヘラを釣ろうとするなら

ノーピク地獄に耐えながら宙を狙い続ける必要があるみたい!?

それと場所選びも重要になるなー。

浅い場所なら底釣りでもヘラは釣れるんだろうな。



まあ、また印旛新川にも挑戦します。







本日の釣果

マブナ x 8

コイ x 1