2015年10月10日(土)


これまでジビさんと南房総方面の磯でメジナ狙いのフカセ釣りは一緒にやっているが、

より近い内房での釣りを殆どやっていなかったので、港湾に潜むクロダイを狙っちゃおう! ということで、

自宅を午前3時出発で出かけてきた。



房総半島の釣り場ガイドブックなどを参考にして選択したポイントは金谷フェリー港の石積み岸壁。

駐車場が整備されていて足場もよく水深も適度にあるその釣り場に到着したのは午前5時頃。

まだ暗い中、岸壁に目をやると既に釣り人多数で入る余地無し状態・・・。

この時期どこを狙おうかと皆考えることは同じで、おそらくこれはもう少し早く到着していれば

というレベルの話ではなく、夜中の1時、2時頃から夜釣りも兼ねて朝マヅメまで狙っている雰囲気だった。



金谷フェリー港内側にある小堤防には釣り人が居なかったが場所が狭かったのでパスして

さらに南下して保田港南側にある吉浜埋立地に到着。

近くでクロダイ狙いのダンゴ釣りをしているベテラン風の人が居たのでこの場所について伺ってみると、

今日はまだ釣れていないけど、過去にこの場所でクロダイを釣っているとの事だったので釣り場に決定。





朝6時過ぎ、保田漁港の港内向きに釣り座を構えて餌打ち開始。


竿はDaiwa プロ磯インプレッサ1.5号-5.3m。

リールもDaiwa でREVROS 2506。

(Daiwa製のヘラ竿は一本も持っていないけど、磯竿、投げ竿、鯉竿はDaiwa製だったりします)

ラインは道糸2.5号、ハリスはフロロカーボン1.5号。

針はチヌ用3号。

コマセはオキアミブロック1.5kg +爆寄せチヌを一袋。

付け餌は、くわせオキアミスペシャルチヌ。

クロダイなので餌を底に這わす狙い方。







ジビさんも右隣で同様の狙い方です。

配合エサは「白チヌ」を選択しているので海中へと白い煙幕が沈降していきます。




以前は車乗り入れ停め放題だったこの場所だが、入り口に鎖が渡されていて入れなくなってしまっていた。

釣り座まで椅子代わりになるクーラーボックスを持参したいところだったが、

中には予備のオキアミブロックと氷が大漁に入れてあるので重たくて車から運べない。

地面にあぐらかいて座ればいいやと思ったけど、どうもしっくりこない。







ヘラ釣り用の椅子が車に積んであるのを思い出して取ってきて使ってみるとイイ感じ♪






開始早々にジビさんの竿に超外道のゴンズイがヒットw










人の事笑っていられない!(汗)  こっちも毒棘のあるゴンズイ様降臨ですw













続いて微妙なアタリでヤドカリがヒットw













ジビさんがヒメジを釣ったので写真に撮らせてもらった。

腹の赤い斑は釣り上げた直後には無かった。

釣り上げたメジナが次第に黒ずんでいくのと同じで極度のストレスを感じた時に

体表に表れる危険信号のようなものではないかな?






サッパリ魚信が表れず、動いてくれないウキをボケーっとウキを眺めていたら、

突如としてズボッって海中に消え去った!?









おっしゃーーー!! 念願のクロダイヒット〜〜〜♪









と思ったら、












なんで君ここにいるの???(笑)



波ひとつ立たないマッタリとした港内でまさかのメジナが釣れてびっくり!!

サイズは24cmほど。

昔だったら持ち帰って塩焼きにして食べるところだったが、一匹だけでは仕方ないのでリリース。













作業船が港内に進入してきたなーって思ったら、悪い予想が的中して

今居る岸壁に向かって進んできた。












自分達の右の方に接岸したんだけど、ちょうどその辺りにはファミリーフィッシング御一行様が!!




甲板員たちが舫のホーサーを出してきても御一行様は竿をなかなか片付けず怒鳴られていたりw

船から降りてきた甲板員がホーサーの先端を持って岸壁を歩いてきたんだけど、

御一行様が竿を片付けきらないもんだからリール竿を跨いで移動したり・・・・・。

こんなのが度重なると「港内釣り禁止」とかになっちゃうんだよねー(汗)


本来は作業船のために存在する岸壁なので、我々は「釣りをさせてもらっている」というスタンスで

お仕事の邪魔にならないようにしなければいけませんねー。






で、 クロダイ狙いの方はと言うと・・・・・







ぜ〜んぜん釣れず!!!(笑)






だって潮が澄んでいるんだもん!(泣)









というわけで昼食♪


栄丸という名の食堂ですこぶる美味な地魚海鮮丼をのんびり頂きました。

これで1,020円 ですよ! こぢんまりとしていますが結構ボリュームありました♪

アジ、イナダ、サワラ、タチウオなど六種類のっている!?

食後に板さんから魚名を教えてもらったけど全部覚えきれなかったなー。

太刀魚の刺身って初めて食べたけど、とってもおいしかったぁ〜♪


ジビさんはもっと豪華な1,400円以上の刺身と天ぷらの定食を食っとりました・・・・・いいなぁ。





さて、食後に房総半島先端方面へと車を走らせて次なるクロダイポイントを探すことにした。




大六港、龍島港、勝山港、岩井袋港と釣り場を探して見て回るものの有望なポイントは無く、

さらに岩井海岸の先にある高崎港では港内に濁りが確認できて、クロダイ狙いにピッタリと

釣りの準備をしようかと思っていた矢先に一足遅れでクロダイ狙いのフカセ釣り師が入ってしまった!(泣)

まさか自分達とピッタリ同業者に先を越されるとはなんてこったい!w



その先の小浦港までチェックしたところで人多すぎ車停められずで完全アウト!

最後にジビさんにどうするよっ?って意見を伺ったところ、「金谷に戻ってお茶を濁しますかぁ〜」と。







一気に金谷フェリー港まで戻ってくると港内の小堤防が空いていたので迷わず入釣。





手前の方が岩盤になって浅いので仕掛けを遠投する必要があるポイントでした。

カヤ製のクロダイ用棒ウキは軽くて遠くまで飛ばせられないので自立型の遠矢ウキにチェンジ。

仕掛けは遠くまで入るようになったが、向かい風でコマセが思ったほど飛ばないで苦労した。








久里浜 - 金谷を結ぶフェリーが入れ替わりに入ってくる。

引き波が強くて激流になったり。



重油の燃える匂いを嗅ぐと以前に17年間勤めていた船舶エンジン部品の修理会社を思い出すなぁ・・・。

昔この船の部品も修理した記憶があるぞ。











オキアミブロックを混ぜていたら魚が混入していた。

北極海の冷たい海を泳いでいたらオキアミと一緒に捕まっちゃったんだなー。







遠くのウキ目掛けて懸命にコマセを遠投しているとスコッって消し込みアタリ発生!?







うおっしゃーーーーー!!!







気合入れてアワセを入れると期待とは違って弱々しい感触が・・・・・。











素晴らしいアタリの主は18cmほどのカサゴでした。 トホホ・・・・。






午後4時半頃に終了。

帰りの高速は大渋滞に嵌ってヘトヘトに疲れて7時頃に帰宅。





内房って難しいなぁー。

どこも魚っ気無くて釣れる気がせんよ。

クロダイ狙いもやっぱし南房総とか外房だなー。









本日の釣果

メジナ x 1

カサゴ x 1

ゴンズイ x 1